LGBTに寛容な社会を考える

虹のハート LGBT情報

こんにちは、九州レインボープライド実行委員の明楽です。

 

本日は九州レインボープライドの実行委員メンバーと

今年のイベントについて打ち合わせ。

 

Qちゃん

 

東京レインボープライドに参加してきたとき

あるレズビアンカップルさんが話されていたこと。

 

「ここでは、堂々と自分たちらしく表現することができる

 こんな幸せな時間はない」

 

 

九州レインボープライドを運営する我々にとっても

こういう声はとても嬉しく、イベントのやりがいも感じます。

 

 

しかし、それと同時に課題としても突き付けられる。

 

カミングアウトできていないLGBT当事者にとって

レインボープライドのイベントは

ディズニーランドのような存在なのではないか。

 

非日常を体験できる夢の国のような空間

 

 

自分らしい性で生きる

 

 

これは非日常的なことではない

 

誰もが平等に自分らしく生きる権利がある。

 

 

虹のハート

 

本日クローズアップ現代でLGBTが取り上げられました

“性の偏見”取り払えますか? ~LGBTに寛容な社会のために~

 

男とはこういうものだ

女とはこうしなければならない

社会に根深く根付いた偏見(バイアス)によって

LGBTの人たちは生きづらさを感じています。

 

その偏見(バイアス)を取り払い、どうやったら生きやすい社会をつくれるのか

 

対応に動き始めた日本の企業や学校

先進的な取り組みが進むスウェーデンの幼稚園や介護施設

IKEAの取り組みなどが取り上げられていました。

 

 

トランスジェンダーである北川わかとさん

私と同じ性同一性障害、FTM

 

社会生活の中で自分がどういったところで生きづらさを感じたか

更衣室や氏名のフルネーム表記、履歴書の性別欄

 

トランスジェンダー当事者でないと気づかない

細かいところまでお話しをされていました。

 

「あったあった~」と

番組をみながら昔を懐かしく思いました。

 

 

性的マイノリティだけでなく

どんなマイノリティにだって

当事者でないと分からないことはたくさんあります。

その視点に立つからこそみえる問題。

 

「きっとこうだろう」と自分の判断基準に合わせるのではなく

当事者の意見をきちんと聞くことが大切

 

そしてその中でも

その人のいうことがすべてではなく

ひとつの観点であることを理解することが大切

 

 

最近は学校や公民館、企業での講演機会も増えてきました。

LGBTについて初めて聞かれる方にとっては

私の発する言葉の影響力は大きい。

 

 

私の話も一当事者の意見であることを毎回きちんと伝え

変なバイアスがかからないよう注意しています。

 

 

人の数だけ性は存在する

 

 

LGBTの人たちだけでなく

 

誰もが自分らしく生きることができる世の中を目指して

 

これからも活動していこうと気合が入りました!