LGBT当事者がカミングアウトで気づくこと

レズビアン LGBT情報

こんにちは、福岡在住ラーメン大好き明楽です。

 

先日ダイバーシティ福岡カフェ会に参加してくれた
LGBT当事者でレズビアンの友人が
その時に得た気付きをブログで書いてくれたのでシェア。

 

コチラ

 

レズビアン

 

私もね、改めて気付いたのです。

 

カミングアウトってアイデンティティを確立させる道具。

 

だってさ、普通に生きてたら

 

「わたし、女性が好きなんです!」

 

とか

 

「わたし、男なんです!」

 

とか

 

いちいち告知しないですよね。

 

友人もブログの中で綴っています。

 

人前でカミングアウトする必要はないと感じていたけど
実際にやってみると、今まで感じたことのない解放感があった。
最初は少し不安だったけど、
外にアウトプットできる時代になったのだ。

 

そう。

カミングアウトって、してもしなくてもどっちでも良いけど

少なからず良い影響を与えると私は思います。

 

カミングアウトすることによって

自分自身への問いかけにもなるし

社会に対する情報発信になります。

 

最近の私のカミングアウトは

相手に新しい観点をプレゼントする感覚でやっています。

 

いつかはこのカミングアウトって言葉もなくなって

LGBTだけでなく、誰もが堂々と生きられる社会になるといいなぁ。