賛同を集めています。自民党議員のLGBTに対する差別発言撤回と謝罪を訴えます。

5月20日自民党議員への差別発言撤廃と謝罪要求 LGBT情報

こんにちは、トランスジェンダーFTMの荒牧明楽(あきら)です。

福岡を中心に九州でLGBT(すべての性的マイノリティを含む)の情報発信、性の多様性について理解を深めるための講演や研修活動をさせていただいています。

 

日本においてもLGBTの認知はだいぶ進んできて、理解ある社会に少しずつ変化してきていることを感じていたのですが、また耳を疑うニュースが飛び込んできました。。

 

 

 

自民党が20日に行ったLGBT新法をめぐる会合の中で、出席者から


「道徳的にLGBTは認められない」


「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」

などの発言があったと報じられています。

 

2018年7月、自民党の杉田水脈衆議院議員が「LGBTは生産性がない」という表現をし、2020年9月には、足立区の自民党・白石正輝区議が「同性愛が広がると足立区が滅びる」などという差別発言をし多くの批判を集めました。

 

それでもなお、今回のような発言が出ることに驚きを隠せません。

 

5月20日自民党議員への差別発言撤廃と謝罪要求

 

昨日からだいぶ賛同者が増えましたが、より多くの声を集めています。

議員にこのような心ない言葉を発せられる人は稀で、多くの方が国のために素晴らしい活動をしていただいていると願いたいのですが。

この発言が事実なのであれば、黙っているわけにはいかない。

もちろん個人の意見には自由があるけれど、どの観点からの意見を言っているのか。しっかり議論するべきである。

「道徳的」とはいったい道徳をどう定義しているのだろうか。

LGBTQの啓発をしていることは、決して特別扱いをしてほしいわけではありません。

好きな人と結婚できる権利、差別から守られる保障を獲得できて、やっとスタート地点に立てる。裁かれることも守られることもない状態は、「見て見ぬふり」をされているのと同じです。

 

ひとりでも多くの声を集め、偏見に気付ける議員が1人でも増えるよう、賛同いただけると嬉しいです。

賛同はこちらから▶︎ https://t.co/Yz8zx34ETY?amp=1